「佐用姫伝説殺人事件」

画像
内田康夫原作、浅見光彦シリーズ「佐用姫伝説殺人事件」の舞台の一部
呼子、唐津へ行ってきました。

七つ釜遊覧船に乗り、
唐津城へ行き、
急ぎ旅で落ち着いてみることは出来なかったのですが、
とりあえず、「現地に行った」のです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

デカチョー
2005年08月03日 13:50
はじめまして!
浅見光彦をこよなく愛する者デスw
丁度『佐用姫伝説殺人事件』を読んでたんで、お!と思いコメントさせていただきました。
僕は愛知県なので佐賀県は遠い遠い場所です。呼子や唐津はどうでしたか?作品を通して感じたのは、呼子にしろ唐津にしろちょっと物悲しい雰囲気の漂う町なのかな?って思いました。

僕は、日々浅見さんをおっかけながらブログに綴ってるので、お暇な時にでものぞいてみてくださいネ↓
http://blog.livedoor.jp/save_rivers/
また遊びに来マース!

この記事へのトラックバック

  • 小説家「内田康夫」!?

    Excerpt: ・・・といえば、探偵『浅見光彦シリーズ』でも有名なあの売れっ子人気作家の「内田康夫」さんですよね? Weblog: マチルダベイビー! racked: 2006-03-11 17:02