テーマ:ミステリー

KOBO

ここのところ、電子書籍で本を読んでます。 KOBOという楽天のサービスです。 アイブックとかガラパゴスとか、 いろいろありますが、 楽天での買い物が多かったため、 KOBOを選びました。 今まで、読んでいた作家の作品がなく、 読む機会が少なくなっていたのですが、 あらすじから、手に取ってみたものが 予想外によく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鬼怒川龍王峡殺人事件」

鬼怒川龍王峡殺人事件 峰隆一郎 廣済堂文庫 2001年6月 初版 難事件でした。 途中、「この展開は何?」が 最後に 「あ~!」と言わせる伏線でした。 結構こんな伏線、 「プロローグ」って感じで 書かれていて、 最後に、そういうことか~ と納得させられるんですが、 雨宮退介、元警視庁警視 あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「京都・津和野 仮面の殺人」

「京都・津和野 仮面の殺人」 谷川 涼太郎 著 双葉文庫 2003年11月 第1刷 初めて手にする作家です。 「京都」という場所に惹かれて、 多分数年前に購入したもの。 最初の展開が、 途中大きく変化するストーリーに引き込まれ、 半ばから一気に読み上げました。 【中古】afb【古本】京都・津和野仮面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「龍神の女」(りゅうじんのひと)

「竜神の女」 内田康夫著 中公文庫 2007年2月 初版 浅見光彦、大学教授和泉先生、 車いすの美少女 福原警部 パソコン探偵 が活躍する短編集。 龍神梅(りゅうじんうめ) (8kg樽)マクロビ「笑顔のだんらん」広告文責 株式会社ビオネ 06-6330-8611 区分 自然食品8kg梅・紫蘇(和歌山産)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心霊探偵八雲

神永学 「心霊探偵八雲」 たまたまコンビニで1~5巻を見かけて手にしてみました。 買っては見たものの、ずっと通勤の乗用車の中に置いたままでした。 2011年に入ってから、「棄霊島」など内田康雄さんの長編を、 面白さの勢いで一気に読み上げて、 3月頃に「1巻」に入りました。 ストーリーの展開の仕方が、 とにかく先へ先へと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹後浦島伝説殺人事件

丹後浦島伝説殺人事件 木谷恭介 ハルキ文庫 2001年4月 第1刷 奈良から、丹後舞鶴、そして京都大阪。 宮之原警部は、ヒロイン仙頭千絋とともに行動し、事件は解決へ。 5年くらい前、城崎温泉に行った時、 通過した舞鶴を思い出しながら読みました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

贄門島3

「行っちゃだめ!」 紗枝子は強くはげしくかぶりを振って、それから、懇願するような小声で「だめです」 と言い、ふいに浅見の胸に縋りついて、体重を預けてきた。  浅見はのけ反って、あやうく背後の窓に頭をぶつけそうになった。両手を広げた格好 のまま、しばらくは硬直状態におちいった。胸に顔を埋めた紗枝子の髪が、おとがいの すぐ下にある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

贄門島

贄門島を読んでいます。 先月の「十三の冥府」といい、 久々に読み応えのある 作品に出会いました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全然記事の書き込みが出来ない! 自己嫌悪。。。。 また、すこしづつ書き込みが出来るように頑張ります。
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

「遠州姫街道殺人事件」

木谷恭介さんの「遠州姫街道殺人事件」を読み終えました。 1月下旬に「平城京殺人事件」を読み終えてから、 約2ヶ月かかったことになります。 決して毎日読んでいたわけではないので 「けっこう一気に読んだ」と思ってます。 あのサッカーのジュビロ磐田の本拠地に近い「引佐」が舞台です。 今回のヒロインは、いつもよりちょっと年上で「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平城京殺人事件

深谷忠記さんの「平城京殺人事件(長屋王の変異聞)」を ずいぶん時間がかかりましたが、 やっと読み終わりました。 予想以上に文章が頭に入ってこなくて 途中何度か余所見しながら、読みました。 正直な感想は、「趣味に合わなかったなぁ」という感じです。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ

愛知万博が開催中ですが、 長男が学校から行ってきました。 帰ってきたら、顔色が悪いので聞くと「熱があるみたい」というので。。。。 翌日、仕事から帰ると「医者でインフルエンザと言われて、学校休んだ。」 と言います。 そう、こう、していたら、 妻と長女も具合が悪そうにし始めたので、 今日、休日急病診療所へ行ったら、二人とも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more