テーマ:推理小説

「鬼怒川龍王峡殺人事件」

鬼怒川龍王峡殺人事件 峰隆一郎 廣済堂文庫 2001年6月 初版 難事件でした。 途中、「この展開は何?」が 最後に 「あ~!」と言わせる伏線でした。 結構こんな伏線、 「プロローグ」って感じで 書かれていて、 最後に、そういうことか~ と納得させられるんですが、 雨宮退介、元警視庁警視 あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「京都・津和野 仮面の殺人」

「京都・津和野 仮面の殺人」 谷川 涼太郎 著 双葉文庫 2003年11月 第1刷 初めて手にする作家です。 「京都」という場所に惹かれて、 多分数年前に購入したもの。 最初の展開が、 途中大きく変化するストーリーに引き込まれ、 半ばから一気に読み上げました。 【中古】afb【古本】京都・津和野仮面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「龍神の女」(りゅうじんのひと)

「竜神の女」 内田康夫著 中公文庫 2007年2月 初版 浅見光彦、大学教授和泉先生、 車いすの美少女 福原警部 パソコン探偵 が活躍する短編集。 龍神梅(りゅうじんうめ) (8kg樽)マクロビ「笑顔のだんらん」広告文責 株式会社ビオネ 06-6330-8611 区分 自然食品8kg梅・紫蘇(和歌山産)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹後浦島伝説殺人事件

丹後浦島伝説殺人事件 木谷恭介 ハルキ文庫 2001年4月 第1刷 奈良から、丹後舞鶴、そして京都大阪。 宮之原警部は、ヒロイン仙頭千絋とともに行動し、事件は解決へ。 5年くらい前、城崎温泉に行った時、 通過した舞鶴を思い出しながら読みました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

贄門島

贄門島を読んでいます。 先月の「十三の冥府」といい、 久々に読み応えのある 作品に出会いました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十三の冥府

久々に読み概のある作品。 一気に読み上げました。 東北には、全く行ったことがないのですが、 旅情を楽しめました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全然記事の書き込みが出来ない! 自己嫌悪。。。。 また、すこしづつ書き込みが出来るように頑張ります。
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

先日、マッチこと近藤真彦が演じる岡部警部シリーズが放映されました。 録画していたんですが、バレーボールの延長で最後まで録画できていませんでした。 残念! 放送を見ていた妻曰く、 マッチも中年になって、適当に脂が抜けていい味出している、と。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more